忍者ブログ
遥飛蓮助の一次創作ブログ
2016/08/18/Thu
(『本当の自分』を見つける、か)
 夢原さんが涙を採る準備をしている間、僕は目を閉じて先日のやりとりを思い返した。
 マップを使えば、僕の大事なものが見つかるのか尋ねた時、夢原さんは答えられないと言った。答えられないのは、僕の大事なものは、僕が探すからと。
 僕は、彼女でも手に負えない依頼だからなのかと勘ぐった。でも夢原さんは地図を作ることはできると言って、憤った僕は夢原さんの言葉を遮って声を荒げた。
 彼女の意図が分からなかったからだ。はっきり言わず、もったいぶった言い方をしたから。
(夢原さんは。僕になにを伝えたかったんだろう)
 それに、帰り際に言った言葉も気になる。
『あなたは、本当に大事なものを見つけたいと思っていますか?』
「タカトシくん。準備オッケーです。そのまま目を閉じていてくださいね」
 瞼の向こう側から夢原さんの声が聞こえた。でも準備をしているらしい音が聞こえなかったのだが。
「あの、実は僕の額に肉の文字を書こうとしていませんか?」
「はい。してませんけど?」
 瞼の裏に、首を傾けて不思議そうな表情の夢原さんが浮かんだ。実際はもっと可愛い……。
(いやいやいや、僕はなにを考えているんだ。夢原さんは小学生な見た目だけど、中身は大人だから。可愛いのは見た目だけで……って、僕が言いたいのはそうじゃなくて! 顔が熱いのも気のせいで!)
「痛くしませんから、緊張しなくて大丈夫ですよ」
「ああ、はい、えっと、お願いします」
 そう言われ、顔の熱さが体に広がっていくのを感じた。よかった。気付かれてない。
「ふふ。ではまずリラックスしましょう。ゆっくり深呼吸してください」
 夢原さんの指示に従い、肩を上げ下げしながら、ゆっくり深呼吸した。一回、二回、三回。
「落ち着いたら、自分に問いかけてください。『本当に、大事なものを見つけたいと思っているのか』と」
(僕は本当に、大事なものを見つけたいと思っているのだろうか)
 そんな当たり前じゃないか。だって僕は、

拍手

PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字




mail
Twitter
ヘキレキワアド(お題bot)
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]