忍者ブログ
遥飛蓮助の一次創作ブログ
2014/11/07/Fri
裏地が青空に染まった傘。
彼女が好きだった傘が降る。
青空を広げて、僕の目の前に降ってきた。
空中をふわり、ふわり。
スカートの裾を翻し、不思議の国に降り立つアリスのような彼女。
少なくとも、僕にはそう見えた。

屋上から飛び降り自殺した女の子なんて知らない。

彼女が旅立ってから、初めての秋。
彼女は無事に、不思議の国に降り立ったろうか。
荷物は傘だけで、心細くないだろうか。
「僕も一緒につれてって」と、お願いすれば良かっただろうか。
でも、想像の彼女は首を縦に振らなかった。
とても悲しい顔で、首を横に振っていた。

空を仰げば、赤や黄色に染まった紅葉や銀杏が目に入る。
青いままの紅葉は一つもない。
けれど、僕の紅葉は青いまま。

青空のまま、心の枝に引っ掛かっている。

拍手

PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字




mail
Twitter
ヘキレキワアド(お題bot)
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]