忍者ブログ

#twnovel 81

細い試験管用のスタンドに、無色の液体を抱える試験管たちが入っている。私はそのうちの一本に、別の液体を垂らした。無色はピンクに。もう一滴垂らすと、ピンクは青に変わった。先輩の一言で勝手に舞い上がってた頃の私みたいだ。「気持ち悪い」私は流し台に試験管の中身を捨てた。

拍手

PR