忍者ブログ

#twnovel 31

噂では、王妃が彼の国の王子に熱を上げているらしい。きっとお顔に惚れたのですよ。側室が王の耳元で囁く。確かにおつむの足りない顔だな。王は鼻で笑うが。

これで暫くは気付かれまい。王妃は恍惚の表情で、上に跨る側室を受け入れる。舌と舌の間に、秘めた場所の香りを浮かべて。

拍手

PR