忍者ブログ

#twnovel 57

私の「はじめてのチュウ」を、あなたは知らない。お泊り会の夜。私の隣で熟睡するあなたがいた。告白を「ありがとう」で返したあなたの上に跨って、あなたの唇に自分の唇を押し付けた。マシュマロより柔らかい感触は朝まで残った。はじめてのチュウが、さいごのチュウになった。

#140ss書くためのお題ください/はじめてのチュウ

拍手

PR