忍者ブログ

#twnovel 58

左目の中で星が瞬いた。と思った瞬間太陽の黄色いオーラを纏い、武骨な三日月に変貌した。稲妻のように鋭く点滅しながら、三日月は私の左目を喰らっていく。左目の生涯に幕が下りる。と思った瞬間もまた何かが瞬き、三日月は跡形もなく消えた。稲妻のような頭痛だけが残った。

拍手

PR